カテゴリ:雲の流れのように...( 798 )

1月6日(金) 晴れ / 水仙が咲いてくれました。

風もなく穏やかでしたが、ぐっと冷え込んでいます。

ふと、気付くと水仙がひとつ咲いてくれていました。
夏場の猛暑で庭はカラカラに焼きつき、危ぶんでいましたが、
球根を持つ植物は耐久力があるようです。

夕方のウオーキングでは、ほんの少しだけど日が長くなってることを感じました。
a0059311_19235299.jpg

[PR]
by guminoki7 | 2006-01-06 19:28 | 雲の流れのように... | Comments(2)

12月29日(木)晴れ / 師走の落し物...


今日も、申し分のない小春日和でした。
こんな穏やかなお正月だったらよいのですが...。

さて画像、国道脇に落ちていた、白い落し物です。
おそらく北国からやってきたトラックの屋根で解け、落下したものと思われます。
少し黒くなってるみたいですが、贈り物が行き交うこの季節です、
讃岐路からはどんなものを持ち帰るのかナ?...
a0059311_2051644.jpg



*******************************
この一枚シリーズ、
11月は善通寺(#75)空海まつりでのひとコマ、世はまさにデジカメ時代かな。
a0059311_20563644.jpg


最終、12月です。
野田院古墳に通じる竹林を進むと、笹の擦れ合うかすかな音なれど
少し怖く聞こえて摩訶不思議....と云う人がいました。
a0059311_21233725.jpg

[PR]
by guminoki7 | 2005-12-29 21:01 | 雲の流れのように... | Comments(0)

12月28日(水) 晴れ / 面白い雲模様...


早朝から、初めてのゴミ当番を勤めました。
日の出前の刺されるような寒気の中、夜明けを待てずにゴミを持ってくる
人がいるので、お付き合いです。
今日は不燃物の日、いわゆる金物、ビン類、プラスチックなどの収集日ですが、
分別方法はかなり難しいのであります。
例えばビン類では蓋の取り外し、コード類などに長尺ものは無いか、危険物の有無
(電球類、スプレー缶の穴あけ)、ビニール類などなど、をコンテナーに分別。
いやぁ~...貴重な体験をさせてもらいましたわ。

分別すれば貴重な資源!・・・行政の意図も十分理解できるけれど、
最終処分場での運用状況も一度は見学してみたい衝動に。


かなり愚痴っぽくなりました・・・が、日中は小春日和に恵まれました。
昼下がりにふと見上げた空です、ちと滑稽な雲の形でした。
a0059311_20261998.jpg



**********************************
この一枚、9月分です。
秋の草花たちに出会える山歩きのシーズンインかな・・・。
a0059311_20543183.jpg


続いて10月の一枚、
紅葉の始まった石鎚山(1998m)山頂です。
a0059311_20405558.jpg

[PR]
by guminoki7 | 2005-12-28 20:47 | 雲の流れのように... | Comments(2)

12月27日(火)晴れ / 溜池の干潟にて


たくさんある溜め池にも、多くの渡り鳥を引き寄せる固有の池があるようです。
陶芸教室への道筋にある勝田池では今年も沢山の渡り鳥が羽を休ませていました。
遠くから仕草を眺めていると、みなのほほん...としてるみたいなんだけど・・・。
a0059311_19511233.jpg



************************************
さて、この一枚シリーズ、
7月分の二枚?です、照りつける太陽の下、麦藁帽子をかぶった
三人娘さんはおしゃべりに夢中のようです。
a0059311_19551159.jpg



続いて8月の一枚です。
お盆を過ぎると四国の峰々でも秋の気配が感じられるようになります。
風車の風景は四国カルストでした。
a0059311_19575934.jpg


うっかり、忘れていました。
お話に夢中だった三人娘さん、やっと気付いて振り向いてくれました♪
a0059311_2002421.jpg

[PR]
by guminoki7 | 2005-12-27 20:04 | 雲の流れのように... | Comments(0)

12月25日(日)晴れ/爽やかな小春日和でした...


一日中、素晴らしいお天気に恵まれました。
なれども、お出かけ先もなくて、お留守番でした。
気になっていた年賀状をプリントしました。
やる気になればすぐに終わってしまうのに腰があがらないのです。
裏面の模様を少しいじくって、ハイ...印刷のはずなのですが、
ちょっぴりどじってしまいました。
印刷部数、30枚のところ300枚に間違ったようで、最終は勿論のこと
用紙切れアラームで停止。・・・で、それに印刷中止処理も誤ったものだから
リセットできずに手間取ってしまいました。
プリンターは殆ど使用しなくても、インクは消耗するようで困ってしまいます(^_^;

運動公園の早咲きの紅梅のようすです。
ちっぽけなつぼみ、少し膨らみかけているのかな?
a0059311_22123395.jpg



**********************************
出番の無かった画像、2005/3月分の一枚です。
いや谷さん(#71)のお水祀りの協賛行事に昔なつかしい発動機の
デモがありました。お腹に響く特有の音と振動、機械の匂い・・・ほんとに懐かしく。
a0059311_22191997.jpg


続いて、2005/4月の一枚
桜も咲いて、山ではわらびなども伸び始めますが、
虫とか昆虫たちも盛んに動き始めます。
バッタのカップルでした。
a0059311_22215028.jpg

[PR]
by guminoki7 | 2005-12-25 22:31 | 雲の流れのように... | Comments(4)

12月22日(木)曇り / 続々...ぶるぶる讃岐路


暦によると、
 北半球では太陽の高さが一年中で最も低くなります。
 そのため昼が一年中で一番短く、夜が長くなります。この日を境に、
 一陽来復、日脚は徐々にのびていきます。

今日は全国的に冬至、明日からは少しずつ日が長くなって行くそうで、
その分嬉しいナ...。


所用で空港近くを通ったので、北ウイングエリアの水仙畑の様子を覗いてきました。
広~い斜面いっぱいの水仙境、このところの寒波でつぼみはまだまだ硬そうでした。
1機が轟音を残して飛び立つと、空港はすっかりカラッポになってしまいました。
a0059311_20274830.jpg

[PR]
by guminoki7 | 2005-12-22 20:38 | 雲の流れのように... | Comments(4)

12月21日(水)/今年も仏の座...


畑へのあぜ道で無数に咲いている「仏の座」です。
大霜で浮かび上がって見えてきました。

懲りずに今年も注目してみようと思います。
しかし...花びらのようすがちと...ちがうような?
a0059311_1675194.jpg

[PR]
by guminoki7 | 2005-12-21 16:09 | 雲の流れのように... | Comments(6)

12月19日(月) 曇り / 懐かしのカメラ


懐かしい、オリンパスペンDと言うフイルムハーフ版カメラです。
もう...それこそ40年も経ちそうな代物で、買った動機はフイルムが2倍に使える、
それにレンズのズイコーというのが優れもので解像度も高く、要するに手振れさえ
しなければ忠実に撮影者の意図に応えてくれる・・・。
・・・と思っていました。
・・・で、その後忘れられて、30年以上もタンスの中で眠っていました。

ところが、今もこのカメラを愛用し、実に素晴らしい写真を撮り続ける方がおられました。
なかなか真似など出来そうにありませんが、
ふと浮かんだのが、極寒地で例えばオーロラ撮影などで威力を発揮するのでは...?...と。
なぜならば、このpen-dには電池が一切使われてないからです。
それにシャッターにはBモードもしっかり備わっている故。
a0059311_1923678.jpg


アンコール遺跡群の中で比較的小伽藍(バンテアイ・スレイ)で見物したレリーフです。
創建は967年だそうで、当時にスリップした気持ちになりました。

私が感じた、アンコールワット~ベトナム2都などの画像をHP(みちくさ工房)に
アップしましたので、覗いてくれると嬉しいです。
みちくさ工房

a0059311_19324898.jpg

[PR]
by guminoki7 | 2005-12-19 19:37 | 雲の流れのように... | Comments(6)

12月18日(日)曇り / 続...ひえ冷えの讃岐路


今冬、初めて雪を見ました。
北向きでは終日溶けませんでした。
気圧配置はすごい縦縞模様です。
庭の寒椿のつぼみも固くなるばかりのようです。
a0059311_2217050.jpg


カンボジア遺跡巡りの道辺で出会った少年です。
深い自然、人懐っこい子供の笑顔、・・・旅はいろんな風景に出会えるので楽しい...。
a0059311_22205199.jpg

[PR]
by guminoki7 | 2005-12-18 22:24 | 雲の流れのように... | Comments(2)

12月6日(火) 雨 / 寒い一日でした


暦によると、明日は24節気の一つ大雪です。
そして次のように書かれていました。
 雪いよいよ降り重ねる折からなれば也(暦便覧)
 朝夕には池や川に氷を見るようになる。大地の霜柱を踏むのもこの頃から。
 山々は雪の衣を纏って冬の姿となる頃。

a0059311_2039412.jpg

今日は終日、冷たい雨になりました。
万両の実は次第に赤みを帯びてきました。
[PR]
by guminoki7 | 2005-12-06 20:43 | 雲の流れのように... | Comments(2)