2月13日(月) 晴れ / 梅の香・・・


小春日和に恵まれました。

三年前の日記が出てきたので、読み返してみると結構面白いものでした。
今の目線と大分違っていて、かなり純心?なようでした(^_^;
三年前の2月4日の日記には満開の寒梅の画像が貼ってあり、昨日の不動の滝の寒梅と同じくらいに
開いていたので、結局今年は10日ほど季節が遅れているような...。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「2003年2月4日」の日記を転記します。

いよいよ今日は立春、本格的な春の訪れは二歩前進一歩後退のペースでやって来るそうです。
昨日お参りした高屋神社の匂いたつような寒梅です。
こんな風景を眺めていると昨年の今頃、西行フアンのAさんから教えてもらった歌が懐かしく思いだされます。

 「主いかに 風わたるとて いとふらん
          よそにうれしき 梅の匂ひを」

意味合いを調べてみると次のように解説されていました。
 僧房のあるじはどんなにいとわしく思っていることだろう、そこの梅の花を
散らす風が吹きわたることを。道を隔てた自分の所へはそれによって
梅の香が運ばれて来て嬉しく思われるけれど・・・。

さらに歌が詠まれたその背景について調べてみたところ、
西行(在俗時代:佐藤義清)は1118年に生まれ鳥羽院の北面の武士で
あったが23歳で出家した。(出家の動機については謎が多い)
おそらく出家直後、陸奥の旅に出る前に詠まれたものであろうとのこと。  
出家直後の悩み多い時期にもかかわらずこの歌のように小粋な歌心を養った西行に驚きを感じます。
近隣には西行ゆかりの地がかなりあるようなので、身近なところから訪ねて見たい・・・。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

画像は不動の滝の寒梅です。まわりをじわっとほんのり暖めているかのように...♪
a0059311_21363676.jpg

[PR]
by guminoki7 | 2006-02-13 21:20 | 雲の流れのように... | Comments(4)
Commented by momonosato48 at 2006-02-14 09:08 x
お早う御座います 綺麗な寒梅ですね 私の家からは蝋梅が上の画像のように見えます 梅の花も蝋梅も遠くから見るとまた別の味わいが、ありますね 妻も綺麗な寒梅だと言っていました
Commented by sumiko at 2006-02-14 10:01 x
おはようございます。
綺麗ですね~
辺り一面、雪・雪のこちらから見ると別世界です(^^♪
こちらはこんな景色はまだ3ヶ月先ですが、一足早く綺麗な写真
見せていただき、ありがとうございましたm(__)m
Commented by ぐみの木 at 2006-02-14 19:27 x
>momonosato48さん
こんばんは、
コメント有難うございます。
花の少ない季節ですが、その先駆けとして梅花ですかね、
匂いもいいですよね。
不動の滝公園から七宝山にかけてよい景色ですので
奥さまとご一緒にウオーキングなどいかがですか♪

Commented by ぐみの木 at 2006-02-14 19:33 x
>sumikoさん
こんばんは
ほんと、blogで繋がった縦長の日本列島、さまざまですよね。
これから日増しに春の息吹が感じられるようになります。
<< 2月14(火) 曇り / 潮の... 2月6日 (月) / 冬の山 >>