9月26日(sun) 晴れ /ちょっぴり、 タイムスリップ...

a0059311_23264032.jpg

およそ、1500年の時を経てのお披露目でした/・・・発掘調査が行われていた、宮山窯跡の現地
説明会にて。
灰原から出土した初期須恵器片(西暦≒500年)、粋なスタイルで精巧なもの、保水性にも優れているそうな/焼き締め、窯変あとが見られることから、かなり高温の登り窯?
[PR]
by guminoki7 | 2010-09-26 23:46 | イベント | Comments(4)
Commented by gy1117 at 2010-09-27 00:16
きれいな模様がついてるんですねぇ…
途轍もなく長い間を経て 再び地上に出た土器。
どんな人が作ったんだろうとか、、、
色んなことを想像したら愛おしくなりますね。。。
ロマンだっ !
Commented by ぐみの木 at 2010-09-27 22:32 x
> gy1117 さん
ほんと、ロマンそのものですね、いろんなこと想像するだけでも
わくわくしてきます/ごく近くに宗吉瓦窯という窯跡があって、
遠く奈良・藤原宮の屋根瓦も作っていたそうなので、このあたり
は窯業団地だったのかも?/重い瓦を海を越え、奈良まで運ぶにも苦労
があったのでは~?
Commented by 蛍川 at 2010-09-29 00:08 x
豊中の・・ですか?説明会があったんですね。
大川山の中寺廃寺跡の資料を実際に見たときも
壮大な歴史を感じましたね。
Commented by ぐみの木 at 2010-09-29 22:20 x
> 蛍川さん
場所は比地大ですから、豊中ですね/その昔は
瀬戸の入江が迫っていたそうだから、海運の便もよかったようです。
・・・中寺廃寺跡のこと、興味深いですね/登山口近くに
かすかな遺構を見かけたような記憶が...?
<< 9月29日(wed ) くもり... 9月20日(mon) 晴れ ... >>